イベント情報

メインイベント

Coming Soon!

トップへ

サテライトイベント

大人が楽しむ科学教室「植物の「肥満」とは? 植物細胞が作る油の秘密」 身近な科学シリーズ

日時:

4月6日(土)13:30~15:00

会場: 千葉市科学館 10階探究実験室
主催: 千葉市科学館

植物油は人間にとって欠かせない食品であり、年々需要が高まっています。私たちは植物が油(脂質)を合成する仕組みを研究することで、植物油の生産量向上を目指しています。研究の結果、植物は非常に巧妙な仕組みにより、脂質を合成していることが明らかになってきました。植物は合成した脂質を、細胞内の油滴と呼ばれる「油の粒」の中に蓄えます。この仕組みは、人間が脂肪を蓄えること、つまり「肥満」とよく似ています。本…

大人が楽しむ科学教室「法医学における死因究明の在り方」身近な科学シリーズ

日時:

4月13日(土)13:30~15:00

会場: 千葉市科学館 10階探究実験室
主催: 千葉市科学館

本講演では、生きている国民の権利や安全を守ることを目的とする法医学において、死因究明がどのように実施されるべきか紹介したうえで、死後に実施されるCT検査の有用性や危険性について紹介する予定である。また、諸外国と日本の死因究明制度の違いについても紹介し、今後の日本の死因究明制度のあるべき姿や課題について述べる。   【講師】岩瀬博太郎(千葉大学大学院 医学研究院 法医学教室 …

大人が楽しむ科学教室「昆虫の擬態の不思議を探る」身近な科学シリーズ

日時:

4月20日(土)13:30~15:00

会場: 千葉市科学館 10階探究実験室
主催: 千葉市科学館

何かに色や形などを似せて捕食者をだます「擬態」は幅広い生物に見られる適応的な生物現象です。例えば、私たちの身近にいるアゲハチョウも、幼虫は鳥の糞や食草に似せ、蛹は緑や茶色の保護色を使って捕食者の鳥などをだまします。また、沖縄などに生息するシロオビアゲハでは、メスの一部(擬態型)が毒蝶のベニモンアゲハに翅の紋様や飛翔行動を似せて捕食を逃れるベイツ型擬態を示します。本講演では昆虫の多様な擬態ととも…

大人が楽しむ科学教室「アレロパシーについて」身近な科学シリーズ

日時:

5月3日(金)13:30~15:00

会場: 千葉市科学館 10階探究実験室
主催: 千葉市科学館

植物が体外に放出する化学物質が、他の植物・昆虫・微生物・動物などに、阻害や促進、あるいはなんらかの作用を及ぼす現象を「アレロパシー」といい、「他感作用」と訳されています。 特定の植物には、アルカロイドやテルペノイドなど、その生存には必須ではない「二次代謝物質」と呼ばれる物質が含まれることがあり、その役割のひとつは、アレロパシーであると考えられています。 これまで農林水産省の研究所と東京農工…

大人が楽しむ科学教室「森を作る多様な菌根共生」身近な科学シリーズ

日時:

5月6日(月)13:30~15:00

会場: 千葉市科学館 10階探究実験室
主催: 千葉市科学館

植物は根から土壌養分を吸収すると一般的には考えられていますが、実は自然生態系の多くの植物では、根が直接土壌養分を吸収する割合は大きくありません。ほとんどの植物は根に菌類を定着させて菌根を形成し、この菌類(菌根菌)から土壌養分を獲得しています。多種多様な植物がみられる森林植生では菌根共生も多様であり、菌根共生が植物間の関係性にも大きな影響を与えています。本講演では演者のこれまでの研究を紹介しなが…

大人が楽しむ科学教室「光が関わる材料の話(光化学)」化学シリーズ

日時:

5月19日(日)10:30~12:00

会場: 千葉市科学館 10階探究実験室
主催: 千葉市科学館

演者がこれまでに関わった光と物質の相互作用の内容を平易にわかり易く解説する。物質の光の吸収による励起状態の生成、発光過程(輻射遷移)、失活過程(無輻射遷移)や光化学反応について説明する。その後、工業用途への展開や課題などについて説明する。最後に参加者の方々から光化学に関する質問を受け、理解を深める。   【講師】唐津 孝(千葉大学大学院 工学研究院 共生応用化学コース教授) &…

大人が楽しむ科学教室「タマムシの玉虫色・テントウムシの丸い形…昆虫の姿かたちをつくるクチクラの不思議」身近な科学シリーズ

日時:

5月25日(土)13:30~15:00

会場: 千葉市科学館 7階企画展示室
主催: 千葉市科学館

昆虫の全身の表面はクチクラと呼ばれる殻ですっぽり覆われている。クチクラは細胞ではなく、細胞から分泌されたタンパク質や糖でできている。タマムシの“玉虫色”はクチクラの緻密な層構造による光の干渉によって生じる。またテントウムシの丸い体形はクチクラそのものの形である。細胞から吐き出されたタンパク質や糖がこのような立体的で緻密な構造をどうやって作るのか?これまでの研究成果を概説…

大人が楽しむ科学教室「一緒に月を目指しませんか」宇宙・天文シリーズ

日時:

5月26日(日)14:30~16:00

会場: 千葉市科学館 7階企画展示室
主催: 千葉市科学館

かつてアメリカのアポロ計画で人は月に降り立ちましたが、その後長いこと人は月を訪れていません。しかし今、世界の国々が、ふたたび人を月に送ろうとしています。本講演では、月とはどういうところか、月を調べると何がわかるのか?そして、月に人は暮らせるのか?などを、日本の月探査機「SELENE(セレーネ、愛称『かぐや』)が発見した月の縦孔の話しなどをまじえて、お話ししたいと思います。   【…

トップへ

千葉市科学フェスタ関連イベント

Coming Soon!

トップへ